【ニューヨーク共同】26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して始まり、前日からの上げ幅は一時500ドルを超えた。米政府による景気対策への期待が継続し、買いが先行した。 午前9時45分現在は、前日比433.04ドル高の2万1633.59ドルをつけた。 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が追加金融緩和の可能性に言及したことも相場を支えた。一方、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング