全日本空輸は31日、新型コロナウイルス流行による旅客減少を受け、客室乗務員約6400人を対象に一時帰休を導入することで労働組合側と合意した。当初見込んでいた約5千人を上回る規模に膨らんだ。期間は4月からの1年間で、1人につき月に3~5日程度休んでもらう。大規模な減便で人員が余剰になっており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング