写真

整列する陸上自衛隊宮古島駐屯地の幹部ら=5日、沖縄県宮古島市

陸上自衛隊の宮古島駐屯地(沖縄県)で5日、地対空・地対艦ミサイル部隊の発足を記念する式典が開かれ、本格的な活動が始まった。近年、中国軍の航空機や艦艇が宮古島―沖縄本島間を頻繁に通過しており、防衛省は南西諸島の防衛強化を進めている。 宮古島駐屯地は2019年3月、警備隊約380人で発足。今年の3月26日にミサイル部隊が置かれて約700人態勢となり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング