【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は9日、ワシントンで講演し、新型コロナウイルスの悪影響で「世界経済は大恐慌以来の景気悪化になると予測している」と危機感を示した。2020年の急激なマイナス成長は「明白だ」と強調し、各国に引き続き政策対応を促した。 新型コロナは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング