写真

サウジアラビア・メッカのモスク(イスラム教礼拝所)で祈る人々=19日(ロイター=共同)

【カイロ共同】サウジアラビアなどペルシャ湾岸の産油国で、新型コロナウイルスの感染が急拡大している。2千万人ものアジアや中東の出稼ぎ労働者を中心に感染がまん延。出稼ぎへの反発が強まり、労働者の帰国も始まった。24日にも始まるラマダン(断食月)明けの祝祭「イード」で感染はさらに拡大する恐れもあり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング