石油元売り大手3社の2020年3月期連結決算が26日、出そろった。急激な原油安により備蓄している在庫原油に評価損が生じ、純損益が3社とも大幅赤字に転落した。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や渡航制限で、ガソリンなどの需要が落ち込んだことも影響した。 最大手のJXTGホールディングスは純損益が1879億円の赤字となった。通期の赤字は17年4月の発足以降初めて。昨年4月に昭和シェル石油と経営統合した出光興産は229億円の赤字、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング