写真

実験場所の三重県南伊勢町で、アコヤガイの母貝の養殖作業に取り組む浜地晃之さん=4月(志摩市提供)

昨年夏、真珠をつくるアコヤガイが大量死した三重県志摩市で、独自に母貝を確保するための実験が今年4月から始まった。「地元のために何か貢献したい」と脱サラして初めての養殖に挑戦する男性と「このままでは廃業してしまう」と危機感を抱いた真珠養殖業者らが手を組み、安定した母貝の供給を目指す。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング