暴走タクシー事故、運転手に有罪 8人重軽傷、名古屋地裁

共同通信 / 2020年6月3日 17時10分

名古屋市熱田区の金山駅前で昨年9月、タクシーが暴走して歩道に乗り上げ、バックして計8人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の罪に問われた元運転手小森勝弘被告(75)に、名古屋地裁は3日、禁錮1年2月、執行猶予3年(求刑禁錮1年2月)の判決を言い渡した。 西脇真由子裁判官は判決理由で「職業運転手でありながら、基本的かつ重要な注意義務に違反して事故を起こし、過失の程度は大きい」と指摘した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング