国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は5日、金などの鉱物資源を巡り紛争が続くコンゴ(旧ザイール)東部の北キブ州などで過去8カ月に市民約1300人が複数の武装勢力や軍、警察に殺害されたと発表した。各地で紛争が激化し、犠牲者はこの数週間で急増しているという。 コンゴでは軍や警察が武装勢力メンバーと見なした住民を拷問し殺害するなど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング