写真

大阪大とベンチャー企業アンジェスが開発中のDNAワクチン(大阪大提供)

製薬ベンチャー「アンジェス」(大阪府茨木市)は30日、国内初となる新型コロナウイルスワクチンの治験を大阪市立大病院で開始し、最初の参加者に接種したと発表した。7月にかけて30人に接種し、有害な反応の有無や、ウイルスに対する感染を防ぐ抗体ができるかどうかを調べる。 安全性や有効性を示すことができれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング