写真

将棋の第61期王位戦第1局で先勝し、記者会見する藤井聡太七段=2日午後、愛知県豊橋市

将棋の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦7番勝負の第1局は1、2の両日、愛知県豊橋市で指され、95手で先手の藤井七段が先勝した。王位戦初勝利を挙げた高校生プロは、棋聖戦とのダブルタイトル挑戦で最年少獲得を目指す。 6月8日の棋聖戦5番勝負第1局で、17歳10カ月20日の最年少タイトル挑戦を達成。第2局を終えて2勝0敗とし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング