写真

提訴のため静岡地裁浜松支部に向かう武藤千重子さん(右)=3日午前、浜松市

旧優生保護法下で不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、視覚障害のある浜松市の武藤千重子さん(71)が3日、国に3300万円の損害賠償を求める訴えを静岡地裁浜松支部に起こした。 武藤さんは提訴後に記者会見し「国には謝ってほしい。私は3人目(の子ども)が欲しかった」と話した。 訴状によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング