写真

2013年の国内大会で優勝し、金メダルをかけられるチェ・スクヒョンさんの写真(遺族提供・聯合=共同)

【ソウル共同】トライアスロンの韓国代表にも選ばれた経験がある22歳の女子選手が5日までに自殺した。前所属チームの監督らから暴力を受けたと訴えていた。韓国スポーツ界では、指導者による暴力が相次いでいる。文在寅大統領は再発防止を強く指示した。 韓国メディアによると、選手はユース世代から代表歴があったチェ・スクヒョンさん。6月26日に亡くなる前、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング