写真

閉店が発表された格安衣料品店「タチ」の本店=8日、パリ(共同)

【パリ共同】パリ北部で70年以上にわたり庶民の味方となってきた格安衣料品店「タチ」(TATI)は7日、新型コロナウイルス流行などによる売り上げ減少のため、本店を閉店する計画を発表した。8日付のフィガロ紙は「庶民のパリ」の象徴が消えると報じた。 タチは1948年、モンマルトル地区に近いバルベス地区に低価格の衣料品・雑貨店としてオープン。「最安値」を売り文句に客を集め、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング