写真

9日、中国上海で開かれた世界人工知能大会の開幕式に、ビデオメッセージを寄せたテスラのマスクCEO(ロイター=共同)

【上海共同】米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は9日、場所を選ばない完全自動運転となる「レベル5」の達成に「かなり近づいてる」との認識を示した。中国上海で始まった世界人工知能(AI)大会の開幕式に寄せたビデオメッセージで語った。 マスク氏は、レベル5に必要な基本的な機能を今年のうちに確立することに自信があると強調。第5世代(5G)移動通信システムを利用した自動運転の実現についても根本的に課題はないと話した。 自動運転を巡っては、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング