写真

16日、ソウルの韓国国会で演説する文在寅大統領(共同)

【ソウル共同】韓国の文在寅大統領が16日、ソウルの国会で演説し「南北が信頼し合って協力すれば双方の利益になる」と述べ、信頼醸成のため南北対話の重要性を強調した。南北間の鉄道・道路連結などの協力事業への意欲を改めて示した。 4月の総選挙後、文氏の国会演説は初めて。文氏は「朝鮮半島の平和は依然として脆弱で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング