松山市の松山聖陵高野球部の男性監督(39)が部員に対し、自分の頭を壁にぶつけるよう指示する不適切な指導をしていたことが17日、同校への取材で分かった。監督は同校を3度甲子園に導いており、今年夏の愛媛県大会でも同校は優勝した。 同校などによると、男性監督は8月に県大会が閉幕し、新チームに移行した後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング