写真

軽空母の導入目標について、国会の国防委員会に報告する韓国海軍の参謀総長=15日、韓国・鶏竜(韓国海軍提供・共同)

【ソウル共同】韓国海軍は18日までに、国会の国防委員会に対し、2033年を目標に4万トン級の「軽空母」を導入する方針だと明らかにした。導入目標時期を当局が示すのは初めて。実現可能性は不透明だ。韓国メディアが報じた。 韓国海軍は当面の事業費を2兆ウォン(約1840億円)と見積もっている。国産空母を建造する中国や、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング