写真

「コーヒーは、果たして健康に良いのか悪いのか?」という、何世紀にもわたる議論に科学が決着をつけようとしています。2012年に米国の国立癌研究所などの研究者が、コーヒー愛飲者の「心臓病、呼吸器疾患、脳卒中、ケガ、糖尿病、感染症が原因による死亡率が低い」ことを発表しました。以来、コーヒーに健康改善効果があるという研究結果が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング