写真

「北朝鮮の脅威増大でも原発攻撃リスクを軽視、再稼働に邁進する安倍政権は国民の命と安全を脅かす"国賊"に等しい」と実感させてくれたのが、泉田裕彦・前新潟県知事だ。東京電力と対峙して「柏崎刈羽原発」再稼働阻止の"防波堤役"を務めた泉田氏だが、同時に「原発テロやミサイル攻撃への対応が不十分」という警告を発し続け、政府に勧告する権限のある「原子力規制委員会」(田中俊一委員長)の職務怠慢ぶりを厳しく批判、原子力防災(原発事故時の対応)の欠陥を浮き彫りにしてきたことでも知られる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング