写真

先日閉幕した中国全人代で、「終身国家主席」の座を手中に収めた習近平氏。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが取り上げているのは、そんな習氏の絶対化が中国で引き起こしていること、そしてこれからの対外関係等が記された一冊です。柴田さんが「日中戦争は必至」と判断したその内容とは? 『習近平絶対化でいま中国で起きている大破局』劉文志・著徳間書店 中国人ジャーナリスト劉文志の衝撃レポート(と銘打った)『習近平絶対化でいま中国で起きている大破局』を読んだ。著者は2000年代に中国国内の放送関係の仕事に従事し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング