写真

2018年6月4日に「天安門事件」から29年目を迎えた中国ですが、2020年頃までに「大革命」が起きるとの予想もあるそうです。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、「国家ライフサイクル論」を用い、1989年には弾圧できた民主化運動も次の波は中国共産党では堪えられなくなるとし、その根拠を「ソ連崩壊までの過程」と比較しながら論じています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング