写真

6月15日から施行される住宅宿泊事業法(民泊新法)を前に、国交省は「届出番号のない」民泊の予約を強制的にキャンセルさせると通知。これを受けて、世界で展開する民泊予約サイト「Airbnb」がとった異例とも言える「神対応」に、キャンセルで宿泊先を失った人々からも賞賛の声が挙がっていると紹介するのは、無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者、廣田信子さん。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング