写真

9月6日明け方に発生し、多くの犠牲者と甚大な被害が出た「北海道胆振東部地震」。その後も、震源地付近では震度3〜4程度の余震が相次いでおり、6日と同規模の地震発生の可能性もあるとして予断を許さない状況が続いている。 今回の地震が発生した地域に対して、事前に「要注意」の予測を出していたのが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング