写真

9月26日、トランプ大統領は国連安全保障理事会で「中国が米の中間選挙に干渉している」と習近平国家主席を名指しで非難し、友好的関係を撤回してしまいました。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、米中貿易戦争開始からわずか1年間で急展開を迎えた米中関係が北朝鮮、台湾や尖閣諸島利用の覇権戦争へ発展する可能性を指摘するとともに、今後日本が取るべき対応について解説しています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング