写真

中国が国家の威信をかけ進めている一帯一路構想ですが、その強引な手口に世界が辟易し始めているようです。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、スリランカやモルディブが中国から受けた「被害」を記すとともに、パナマで現在進行中の中国による「インフラ事業への投資による他国支配」を紹介しています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング