写真

「2018年に始まった米中貿易戦争のせいで中国経済が悪化した」とされていますが、「貿易統計」の数値を解析すれば、実はこれより前から中国はGDP成長率悪化を誤魔化していたようです。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、日本の新聞各社が報じた近年の「中国の輸出入の増減値」を時系列で分析するとともに、今後の動向を詳しく解説しています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング