写真

世界覇権戦争で対立する2つの大国・米中の間にあって、「軸がぶれ始めているのではないか」との批判的な見方もされている我が国の外交。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、安倍政権発足当時の2012年から直近まで、総理の外交が果たした主な成果を紹介するとともに、現在の世界情勢の中で日本が進むべき外交の「望ましい方向性」を記しています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング