警視庁:上野署員が誤認逮捕 交通反則切符の交付のケース

毎日新聞 / 2017年9月14日 13時12分

警視庁は14日、上野署員が道路交通法違反(無免許運転)容疑で現行犯逮捕した20代の男性について、誤認逮捕だったと発表した。交通反則切符の交付で済むケースだったという。男性は逮捕の2日後に釈放された。同庁交通執行課によると、男性は今月8日、東京都台東区内で約5.8トンのトラックを運転中に上野署員に免許提示を求められ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング