規制委:東電「適格」条件付き 柏崎刈羽、新基準適合へ

毎日新聞 / 2017年9月13日 21時4分

原子力規制委員会は13日、東京電力が再稼働を目指す柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の安全審査に関連し、東電の原子力事業者としての適格性を条件付きで認めた。福島第1原発の廃炉の進展や原発の安全性向上に向けて小早川智明社長が示した取り組みを確実に実行させるため、規制委の権限が及ぶ保安規定にその内容を書き込むことや、経済産業相が指導・監督することを条件とした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング