児童情報紛失:女性教諭、飲酒後転倒で意識失い 大阪

毎日新聞 / 2017年9月21日 12時2分

大阪市教委は21日、市立西淡路小の50代の女性教諭が、飲酒後に転倒して気を失った間に児童434人分の住所や氏名などを記録したポータブルハードディスクを紛失したと発表した。情報の流出は確認されていない。市教委によると、教諭は15日午後、市内で研修後に教員仲間と飲食。16日午前0時ごろに駅から自宅に向かう途中で転倒して意識を失った。約2時間後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング