横浜・大口病院事件1年:捜査難航、遺族「自首を」

毎日新聞 / 2017年9月24日 9時30分

横浜市の大口病院で昨年9月に入院患者2人が死亡し、遺体から消毒液「ヂアミトール」に含まれる成分が検出された事件は、神奈川県警が捜査本部を設置してから23日で1年となった。亡くなった西川惣蔵(そうぞう)さん(当時88歳)の長女(52)が代理人弁護士を通じて取材に応じ「ふとした時に父を思い出し、(入院先に大口病院を選んで)本当に申し訳なかったと思う」と後悔の日々を振り返り、「犯人は自首してほしい」と事件の解決を願った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング