がん光治療:国内で治験へ 舌・咽頭など 米で効果確認

毎日新聞 / 2017年10月18日 8時30分

年内実施を目指す他の部位も検討光を当ててがん細胞を破壊する新たながん治療法について、米ラッシュ大などが米国内で実施した最初の治験の結果がまとまり、頭頸(とうけい)部がんの患者8人中7人でがんが縮小したことが分かった。欧州臨床腫瘍学会で発表した。これらの結果を踏まえ、日本で今年中の治験開始を目指す。この治療法は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング