台風21号:本州上陸の恐れ 大雨や土砂災害に警戒

毎日新聞 / 2017年10月22日 15時28分

超大型で非常に強い台風21号は22日、日本の南の海上を北上した。23日朝までに強い勢力を保ったまま本州に上陸する恐れがある。台風の雨雲や列島付近に停滞する前線の影響で、22日から西日本や東日本の広い範囲で大雨となっており、気象庁は土砂災害や浸水、暴風などに警戒を呼びかけている。気象庁によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング