夜間航行訓練:長崎・西海市長が抗議「重大な協定違反」

毎日新聞 / 2017年11月8日 19時0分

米海軍佐世保基地(長崎県佐世保市)のエアクッション型揚陸艇(LCAC)が7日に佐世保湾の外海で実施した夜間航行訓練について、同県西海市の杉沢泰彦市長らが8日、福岡市博多区の九州防衛局を訪れ「信頼関係を著しく損なう重大な協定違反で、到底受け入れられない」とする抗議文を提出した。2013年にLCACが西海市の横瀬駐機場に移駐した際、九州防衛局は住民への騒音被害を考慮して夜間航行しないよう米軍と調整する旨の協定を市と結んでいる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング