南海トラフ地震:津波避難6割発令検討 139市町村調査

毎日新聞 / 2018年1月13日 23時41分

南海トラフ地震の津波で大きな被害が予想される139市町村に毎日新聞がアンケートを実施したところ、地震発生の可能性が高まったとする臨時情報を政府が発表した場合、6割超の91市町村が避難勧告などの発令を検討すると回答した。臨時情報は予知と違って確度が低く、国は現状では避難の呼びかけまでは求めていない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング