エレベーター事故:裁判後も「安全」訴える 息子失った母

毎日新聞 / 2018年2月14日 14時45分

震災訴訟原告に講演へ東京都港区で2006年に起きたエレベーターの事故で、高校生の息子を亡くした母親の市川正子さん(65)が17日、仙台市で開かれる震災訴訟原告らの集会で講演する。津波で家族を失った原告らの訴訟は多くが終結したり、判決日が指定されたりと最終局面を迎えている。9年に及んだ民事訴訟を昨年11月に和解で終えた市川さんは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング