栃木市:江戸時代の料理を駅弁に 都内主要駅で販売

毎日新聞 / 2018年2月15日 10時36分

栃木市は14日、江戸時代の料理文献などを基に再現し、郷土料理や栃木ならではの食材を生かした「とちぎ江戸料理」を取り入れた特製の駅弁を作り、3月1日から首都圏の主要4駅で販売すると発表した。JRグループと地域が協力して行うデスティネーションキャンペーンに合わせた企画。弁当には、岩下食品の「新生姜酢漬け」や栃木市出流地域の「出流柚餅子(ゆべし)」、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング