大阪府警:同僚に実弾入り拳銃向けた巡査長処分

毎日新聞 / 2018年2月14日 18時13分

「悪ふざけだった」停職6月銃刀法違反容疑で書類送検も後輩に実弾入りの拳銃を向けたとして、大阪府警は14日、此花署地域課の男性巡査長(26)を停職6月の懲戒処分とし、銃刀法違反(加重所持)の疑いで書類送検した。巡査長は「コミュニケーションを図るための悪ふざけだった」と話し、同日付で依願退職した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング