館林死体遺棄:42歳女性被告、強盗殺人容疑で再逮捕

毎日新聞 / 2018年2月14日 19時34分

2015年4月に群馬県館林市内の川で化粧品の女性販売員の遺体が見つかった事件で、販売員を殺害して金を奪ったとして、群馬県警は14日、栃木県足利市の派遣社員、落合和子容疑者(42)=死体遺棄の罪で起訴済み=を強盗殺人容疑で再逮捕した。再逮捕容疑は、15年3月25日、群馬県またはその周辺で、足利市助戸3の化粧品販売員、萩原孝(たか)さん(当時84歳)の首を絞めるなどして殺害し、所持金約50万円を奪ったとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング