熊本:知的障害者の口座凍結、就労困難に 犯罪に使われ?

毎日新聞 / 2018年3月14日 15時0分

熊本県内の知的障害がある男性(34)がヤミ金業者の誘いに応じて銀行口座を売却したところ、口座凍結の通知が来て新たな口座開設ができなくなった。売却した口座が何らかの犯罪に悪用されたためとみられるが、男性は口座開設ができないことで今も就労が困難な状況に陥っている。2008年から犯罪利用が疑われる口座を金融機関が凍結できるようになったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング