アスベスト訴訟:賠償額増額、2審も国の責任認める 東京

毎日新聞 / 2018年3月14日 16時6分

「東京第1陣集団訴訟」控訴審メーカーの責任は否定建設現場でアスベスト(石綿)による健康被害を受けたとして、東京、埼玉、千葉の元作業員や遺族が、国と建材メーカー42社を相手に慰謝料など総額約120億円の賠償を求めた「東京第1陣集団訴訟」の控訴審判決で、東京高裁(大段亨裁判長)は14日、1審・東京地裁判決(2012年12月)に続いて国の責任を認定し、メーカーの責任は否定した。その上で賠償額を約10億6000万円から約22億8000万円に引き上げた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング