辺野古訴訟:判決に沖縄県民憤り「司法独立していない」

毎日新聞 / 2018年3月13日 21時57分

「沖縄の声をなぜ無視するのか」「司法は独立していない」。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡り、那覇地裁は13日、移設工事の差し止めを求めた県の訴えを却下した。2016年の最高裁判決に続いて県の主張が退けられ、移設に反対する県民からは司法に対して憤りの声が上がった。那覇地裁の判決が言い渡された午後3時ごろ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング