広島県:公文書改ざん 開示請求者を中傷部分削除

毎日新聞 / 2018年3月21日 8時0分

広島県は20日、行政処分への不服審査を巡る行政文書の開示請求を県内の男性から受けた際、農林水産局の職員が文書を改ざんした上で男性側に開示していたと発表した。元の文書には職員らの打ち合わせで男性の性格を評した表現などが含まれ、幹部職員の課長を含む職員らが「適切ではない」と削除していたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング