04年高2刺殺:「当時無職、自暴自棄に」容疑者供述

毎日新聞 / 2018年4月16日 22時48分

広島県廿日市市で2004年、高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)が「事件当時は無職で、自暴自棄になっていた」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。広島県警は当時の生活や心理状況が事件に影響した可能性もあるとみて詳しく調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング