写真

ジャーナリストの布施祐仁さん

イラクの日報と同様に「ない」とされていた南スーダンの日報を情報公開請求し、隠蔽(いんぺい)問題が発覚するきっかけを作ったジャーナリストの布施祐仁(ゆうじん)さんは「イラクの日報には隊員が危機感を抱くような表現が出てくる。派遣の根拠となったイラク特措法では活動地域を『非戦闘地域』に限定したため、隊員が危険にさらされていることが公になれば派遣条件が崩れるので隠したかったのでは」とみる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング