はしか感染:愛知で相次ぎ確認

毎日新聞 / 2018年4月24日 11時45分

ウイルス性の感染症で高熱や発疹が出る「はしか(麻疹)」の患者が愛知県内で相次いで確認された。感染力が強く、患者と同じ空間にいただけでも感染するため、県や名古屋市は予防接種を促す一方、感染が疑われる場合は公共交通機関を使わず、医療機関の受診を、と呼びかけている。市や県によると、今年3月20日にはしかと診断された台湾からの旅行客を発端に沖縄県で断続的に患者が増えている。市内では沖縄旅行から帰ってきた10代の男性が今月11日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング