アルマ望遠鏡:133億光年かなたに酸素発見 大産大など

毎日新聞 / 2018年5月17日 2時0分

南米チリにある世界最大の電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」で132億8000万光年かなたの銀河に酸素を発見したと、大阪産業大や国立天文台などのチームが16日付の英科学誌ネイチャーに発表した。銀河は宇宙誕生の2億5000万年後にできたと推定され、宇宙初期の星や銀河形成の謎に迫る成果という。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング