熊本遺体:粘着テープで手足を拘束 死後数週間が経過

毎日新聞 / 2018年5月20日 20時41分

熊本県大津町のビジネスホテル駐車場に止めてあったレンタカーの車内から見つかった男性の遺体は、手足を粘着テープで巻かれた状態だったことが20日、捜査関係者への取材で分かった。県警は殺人や死体遺棄事件の可能性があるとみて捜査している。捜査関係者によると、17日夕に県警大津署員がレンタカーの車内から、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング