堺市:公文書偽装155件 作成日遡及 不備整えるため

毎日新聞 / 2018年6月10日 7時0分

堺市立のスポーツ関連10施設で2015~16年度分の運営に関する公文書155件が作成されず、不手際を取り繕うため作成日を偽った文書をその後に作り、正規に手続きしたように装っていたことが分かった。つじつま合わせのため退職したり異動したりした職員に押印させていた。市は「公文書の正当性が疑われかねない」と不適切な行為だったと認め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング